フランチャイズ募集
FRANCHISE

NAVIGATION
ナビゲーション

半田屋の企業理念に共感し、
共に成長できる企業を求めています

「食」に対する「安全」「安心」が重視される昨今、コンビニの弁当にはない「家庭の味」への回帰が注目されています。湯気がたった味噌汁にホカホカのごはん。“おふくろの味”にこだわった半田屋の考え方に共鳴し、FCに加盟していただいた企業の皆様とは、共に切磋琢磨しながら成長していきたいと考えます。そのためにはFC本部としての運営・支援体制を磐石なものにし、加盟店の発展とお客様への満足度を高める努力を怠りません。

店舗づくりから開店準備、調理実習まで責任を持ってご指導いたします。事業多角化を目指す企業の方、また土地の有効活用をお考えの方、半田屋のフランチャイズ事業をぜひご検討ください。

  • 本部支援体制
    飲食業の経験のない方でも
    一から指導し、支援いたします。
    開店前
    広告宣伝計画・求人計画・社員研修・開店設備手配・商品供給手配、店舗用地の斡旋
    開店後支援
    巡回指導・マニュアル指導・衛生指導
  • 立地特性
    地域特性を考慮し、ミーティングを
    重ねて出店地を決定します。
    都市型店舗
    駅周辺、ビルイン型
    郊外型店舗
    幹線道路沿い・交通量20,000〜30,000・道路側間口30m以上・敷地面積約200坪以上・駐車台数20台以上確保可能・出入りの容易な敷地形態
  • 商品の供給
    独自に開発した商品・
    厳選した商品を提供します。
    半田屋オリジナルの「PB商品」を研究・開発しており、商品提供の割合を拡大しています。
    また、和食の特長でもある季節感を感じられるタイムリーな商品も随時導入しています。
信頼関係・パートナーシップの構築

FLOW
出店の流れ

  • FC加盟申込
  • 本部の承認
    提出書類/決算書直近3期分・商業登記簿謄本1通・定款1通・印鑑証明書1通
  • 店舗物件決定済
    店舗物件未定
    FC仮契約
    物件の決定
  • 出店申込書の提出
  • 加盟店基本契約
    加盟料の発生
  • 店舗スタッフの本部研修 店長・店長に準じる者
    スタッフ募集
  • 開店準備・PAのトレーニング
  • オープン
※他、事業基本計画店舗の設計・施工が伴います。

INTERVIEW
インタビュー

半田屋の一番の強みは「自分好みの定食が作れる事」

多くのお客様が来店し食事をしている姿を見ると、開店してよかったと実感します。

株式会社コスモスライフサポート
副支配人・ライフサポートマネージャー 中村玲子様
事業を始めた時期、またきっかけは何ですか?
平成28年4月1日にグランドオープンしました。その前に4日間スタッフのトレーニングを兼ねて、マンション入居者に対し、プレオープンという形で食事を提供しました。
元々シニア向けマンション管理・運営をしており、マンション入居者への食の提供をしたいというのが事業を始めたきっかけです。他のフランチャイズも検討しましたが、「日常食・家庭食」であること、「リーズナブル」であること、決められた定食のメニューでなく利用者の好みで選択した定食にできる「品数の多さ」、という点で半田屋に決めました。
オープンまでの準備やサポート体制はどうでしたか?
フランチャイズの候補に挙がったのはオープンの約2年前。実際に契約してからの店舗運営の準備期間は、約9カ月間。会社として飲食事業は初めてでしたので、「そんなことも?」と思うような質問をすることがたくさんあったかと思いますが、快く初歩的な事からサポートしてくれました。研修は基本的に仙台で行いましたが、研修内容も分かりやすくじっくりとサポートしてくれました。同じ埼玉県にある川越店と北越谷店に見学に行って、店長との交流もでき、実際にフランチャイズとして運営している店舗の話を直接聞くことができたのも役に立ちました。今でも店長とは交流があり、近くに来た際には立ち寄ってくれたりもします。
苦労したことや喜びは何ですか?
苦労したことの9割は求人に関してです。募集をかけてもなかなか集まりませんでした。なんとか集まってくれた従業員には厳しくも丁寧に指導し、今では元気に活躍してくれています。
今まで飲食事業の経験がなかったのですが、サポートなどのおかげで安心して進められたのでよかったと思っています。また、多くのお客様が来店しお食事をされている姿を見ると開店してよかったと実感します。
お店の特徴を教えてください。
以前はマンション入居者から「揚げ物が多い・量が多い」という声が多く、それを受けて量を少し抑え価格も抑えるようにしています。今では食事を残す方はほとんどいなく、ご満足いただいていると感じています。 入居者の割合は5割が一人暮らし、4割弱がご夫婦、残りの方は親子です。開店前の朝7時からご利用いただいていますが、一回のご利用での品数が、一般のお客様よりも多い傾向にあります。
一般のお客様は、お昼・夜とも会社員の男性が多く、周りに大学などが無いので学生は少ないですが、塾帰りの高校生が夜食に利用してくれたりもします。意外だったのは一般のお客様もシニア層が多いこと。最近はお一人で仕事帰りに利用される女性のお客様も増えています。
お店の人気メニューは何ですか?
惣菜としては何といっても「肉じゃが」が一番です。閉店近くになっても少なくなれば作って補充し、切らすことのできない商品です。その他には、「豚汁」と「カツ丼」は根強い人気商品です。夏場など暑い時期は「ねばねば(オクラ、納豆、とろろなどを組み合わせた商品)」も人気です。定番のカレーやラーメンにセットでサラダを付けるお客様も多いです。また、焼き魚が人気です。埼玉県は海のない県だからでしょうか?
  • 肉じゃが
  • 豚汁
  • カツ丼
  • ねばねば
  • 焼き魚
  • 入居者のみのサービスとして、パンの提供をしていますが、一般のお客様からもリクエストが寄せられているので、検討しています。
  • 女性に人気と思っていたオムライスが男性に人気であることや、限定メニューのニララーメンが女性にも人気であることは意外でした。
  • 店舗の場所が分かりにくいため、認知度を高めたいと思っています。一般のお客様がもっと多く来てもらえるようにすることが課題です。

半田屋のフランチャイズ事業を
はじめてみませんか?

店舗づくりから開店準備、調理実習まで責任を持ってご指導いたします。

半田屋の営業形態
SELF SERVICE

  • 来店したら「トレー」コーナーからトレーを取ります。
  • 「おかず棚」からお好みのおかずを選びます。
  • ごはん・汁物・麺類などを選びます。
  • レジで会計をすませ、お好きな席で召し上がっていただきます。
  • 食事が済んだらトレーごと「下げ膳」コーナーに下げてお帰りいただきます。

客単価・売れ筋商品
AVERAGE

客単価
430〜450円
アイテム数
常時80アイテム以上
売れ筋商品
鯖の味噌煮、肉じゃが、餃子、チキンカツ、鶏の唐揚げ、野菜炒め、納豆、ひじき煮、冷や奴、野菜サラダなど

お問い合わせ・資料請求

  • 022-726-5471
  • (フランチャイズ担当 橋本)